WORKS

NHK番組 さわやか自然百景・屈斜路湖

北海道東部、屈斜路湖。火山の噴火により生まれた日本最大のカルデラ湖です。活発な火山活動が今も続いています。初夏、浅瀬ではウグイの仲間が大集団となって産卵します。それを狙って現れるのがキタキツネ。年に一度の、湖の恩恵にあずかります。水面で一斉に羽化するのは日本で最も大きいカゲロウの仲間、モンカゲロウ。幼虫は水面に上がり羽化します。飛び立つ直前、水中から魚たちが襲いかかります。その試練を乗り越えたものだけが幻想的に夕空を舞い、子孫を残すことができるのです。絶景の湖で繰り広げられる、命の攻防を見つめました。

撮影:
佐藤義浩(ノースメディア)、関 勝則(知床ダイビング)
企画・構成・演出:
太田尚宏(ウルトラマリン)

さわやか自然百景 初夏 北海道 屈斜路湖(初回放送 2018年8月)
http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2018/08/2018_0805_kussyaroko.html

WORKS 一覧へ